DEBUSSY Prelude “L’apres-midi d’un faune”

n02155
n02155 n02155

DEBUSSY Prelude "L'apres-midi d'un faune"(牧神の午後への前奏曲)

(n02155)

作曲者:Claude Achille Debussy
作曲年:1894年

詩人ステファヌ・マラルメが1876年に出版した象徴詩「牧神の午後」を音楽で表現しようとしたものです。
今日ではほとんど読まれなくなった詩「牧神の午後」は、半獣半人の牧神が熱い夏の午後、昼寝から目覚め、芦笛を吹きながら空想にふけり、美しい水の精の娘達を愛し、遂には美の女神をも抱擁する・・・が、その冒?の幻は去り、砂の上で牧神は再び眠りに落ちて行く。といった内容で、曲はこの牧歌的、幻想的な詩を見事に表現しています。

ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲

在庫状態 : 在庫有り
¥490(税込)
数量
  • 著者:DEBUSSY
  • 出版社:Jean JOBERT
  • 発行:unknown
  • ISBN:無し
  • サイズ(mm):170x134x2
  • 重量(g):50

タグ: , , ,

この商品について問い合わせる

バッハ オーケストラ ショパン ヴィンテージ/アンティーク ヴォーカル 全音ピアノピース 楽譜 シューベルト ワーグナー 音楽 ディズニー 日本 人物 伝記 輸入楽譜 教材 ギター エチュードミュージックマガジン ヴァイオリン エッセイ 雑誌 音楽講座 楽器 ポップス スメーヌ・ド・シュゼット 歌詞 レコード ドイツ スコア ブラームス 音楽史 ポケットスコア ジャズ ボーカル シューマン 作曲家 演奏家 アメリカ 声楽 楽譜つき チャイコフスキー クラシック ピアノ 指揮者 ベートーヴェン モーツァルト ベートーベン フランス オペラ 曲解説