Know What I Mean? / Cannonball Adderley / Bill Evans

c00938
c00938 c00938

Know What I Mean? / Cannonball Adderley / Bill Evans

(c00938)

参加アーティスト
Cannonball Adderley, alto sax
Bill Evans, piano
Percy Heath, bass
Connie Kay, drums
トラック
Waltz for Debby
Goodbye
Who Cares? [Take 5]
Venice
Toy
Elsa
Nancy (With the Laughing Face)
Know What I Mean? [Re-Take 7]
Who Cares? [Take 4][*]
Know What I Mean? [Take 12][*]

ノウ・ホワット・アイ・ミーン / キャノンボール・アダレイ・ウィズ・ビル・エヴァンス
1960年、すでにヘロインの誘惑に侵されていたエバンスは、注射針の衛生面などから肝臓炎にかかってしまい、トリオ活動の休止を余儀なくされた。しばらく療養している間にスコット・ラファロがオーネット・コールマンのバンドに参加してしまったため、他のミュージシャンのサイドマンとして活動を再開する。カイ・ウィンディングとの共演などがこれにあたるが、このキャノンボール・アダレイとのコラボレーションも同時期のものとなる。録音は1月、2月、3月の3回にわたって行われた。

Waltz for Debbyは有名すぎるほどエバンスの代表作、強いてはジャズピアノ全体の中でも名曲であるが、ここではイントロで1コーラス終えるとアルト・サックスがメロディを吹く。キャノンボール・アダレイは後にアフロジャズを中心としたファンキーなサウンドを展開していくサックス奏者だが、このアルバムとマイルス・デイビスと共演したSomethin’ Elseでは美しく歌い上げるアルトを聴かせる。
タイトルトラックとなったKnow What I Mean?はエバンスの曲。また、ELSAなどもエバンスおなじみの曲として親しみ深いが、キャノンボールのアルトの音がきれいにマッチしている。

リズムセクションのパーシー・ヒースとコニー・ケイはモダン・ジャズ・カルテットでおなじみのメンバーである。

在庫状態 : 在庫有り
¥920(税込)
※送料無料です。
数量
  • 発表:1961年1月
  • レーベル:Riverside

タグ: ,

この商品について問い合わせる

音楽講座 スコア 指揮者 エッセイ 楽器 シューマン ヴィンテージ スメーヌ・ド・シュゼット ヴィンテージ/アンティーク ベートーヴェン 日本 ベートーベン ギター ボーカル ブラームス 全音ピアノピース シューベルト オーケストラ 声楽 ビル・エヴァンス ピアノ バッハ 雑誌 ドイツ チャイコフスキー 楽譜つき ヴァイオリン 輸入楽譜 アメリカ ショパン ポップス 教材 アンティーク 人物 ポケットスコア 演奏家 伝記 楽譜 ジャズ クラシック ワーグナー 作曲家 モーツァルト オペラ フランス 曲解説 音楽史 音楽 エチュードミュージックマガジン レコード