ヴァーグナー家の人々 30年代バイロイトとナチズム 中公新書585

n00401
n00401 n00401 n00401 n00401 n00401

ヴァーグナー家の人々 30年代バイロイトとナチズム 中公新書585

(n00401)

後期ドイツロマン派音楽の巨匠リヒャルト・ヴァーグナーの遺志を継ぎ、バイロイト音楽祭でその壮大な楽音を響かせ続けてきたヴァーグナー家の人々は、ドイツ帝国の没落、ヴァイマール共和制の興亡、そしてナチズムの圧倒的勝利という時代の流れの中で離散するが、義娘ヴィニフレッドのみが総統ヒットラーと盟約し、バイロイト劇場はナチスの聖地となる。現代における「大衆政治」と「伝統芸術」の相剋を描く、ドイツ音楽裏面史。

在庫状態 : 在庫有り
¥520(税込)
数量

タグ: , , , ,

この商品について問い合わせる

シューベルト 日本 シューマン 雑誌 楽譜つき 指揮者 輸入楽譜 ヴィンテージ/アンティーク 教材 クラシック ポップス ベートーヴェン 曲解説 ショパン バッハ 伝記 楽器 スメーヌ・ド・シュゼット エッセイ フランス 演奏家 レコード エチュードミュージックマガジン 音楽 ボーカル オーケストラ 音楽講座 オペラ ピアノ モーツァルト 楽譜 ブラームス 人物 歌詞 ギター ポケットスコア 作曲家 アンティーク スコア ドイツ 全音ピアノピース ジャズ ヴォーカル ベートーベン 音楽史 声楽 アメリカ ヴィンテージ チャイコフスキー ヴァイオリン