新しい視点による 発声法の理論と技法[改訂版]

n00022
n00022 n00022 n00022 n00022

新しい視点による 発声法の理論と技法[改訂版]

(n00022)

−目次−

はじめに
改訂にあたって

第I章 発生に関係する諸器官

1.呼吸器官
(1)肺臓
(2)気管
(3)横隔膜およびその他の呼吸筋

2.発声器官
 喉頭

3.音声調節器官(共鳴腔)
(1)咽頭腔
(2)鼻腔
(3)口腔

第II章 発生の基本

1.基本姿勢
(1)名歌手達を見よう
(2)老婆は日向が好き
(3)腰は曲がっている
(4)基本姿勢を作る要領
(5)新兵達はしごかれた
(6)力んだ姿勢はよくない

2.呼吸法
(1)胸式呼吸
(2)腹式呼吸(横隔膜呼吸)
(3)後側腹呼吸
(4)望ましい呼吸法
(5)呼吸法の練習
(6)胸郭を広め、呼吸筋を強めよう

3.共鳴
(1)上咽頭腔(咽頭腔前庭)
(2)咽頭腔(上・中・下)
(3)鼻腔
(4)口腔
(5)英外相大いに語る
(6)あぐらをかいてみる
(7)両発声法の比較

4.声の「きっかけ」
(1)発声的零点とは
(2)声をフリシボル
(3)声を出してみよう

5.声区(Register)
(1)各声区の音声の種類と特徴
(2)声の「あたり」(Placement)について
(3)各声区の「あたり」の特徴
(4)声区のできる原因
(5)咽頭腔の共鳴の比較、声種と換声区の関係
(8)頭声系と胸声系
(9)共鳴と筋肉運動
(10)中声は一つが望ましい
(11)腰筋、背筋の働きについて
(12)各声種と共鳴法の関係
(13)やはり換声区の歌い方はむずかしい
(14)換声区の練習方法

6.日本人はまず発声的零点から

7.女性の発声について
(1)母音
(2)各母音の特徴と発声
(3)母音構成に必要な諸器官の比較
(4)子音
(5)鼻母音
(6)重母音
(7)促音

第III章 誤りやすい発声法

1.しわがれ声
2.被膜音
3.喉音(つめた声)
4.口蓋音、口外前音
5.鼻声音
6.白声
7.こもった声
8.地声
9.ふるえ声

第IV章 重要な唱法

1.レガート唱法(Legato)
2.ポルタメント唱法(Portamento)
3.メッサ・ディ・ヴォーチェ(Messa di voce)
4.メッザ・ヴォーチェ(Mezza voce)
5.スタッカート(Staccato)

第V章 その他の問題点

1.変声期と発声
2.変声前と変声後
3.話すこと、歌うこと
4.聞くこと、見ること
5.日本式発声の特色
6.英語の発音と発声

[付記]
三浦 環女史のこと
あとがき

在庫状態 : 在庫有り
¥900(税込)
※送料無料です。
数量
  • 著者:永吉大三
  • 出版社:音楽之友社
  • 発行:1977/07/20
  • ISBN:4-276-14208-3
  • サイズ(mm):210x150x11
  • 重量(g):260

タグ: , ,

この商品について問い合わせる

音楽講座 オペラ 人物 ポップス ワーグナー 日本 全音ピアノピース 演奏家 ヴァイオリン 作曲家 ボーカル 声楽 スメーヌ・ド・シュゼット ビル・エヴァンス シューベルト 楽譜 エッセイ 輸入楽譜 オーケストラ スコア 楽器 レコード チャイコフスキー ドイツ 音楽 モーツァルト ベートーベン アンティーク クラシック 音楽史 ジャズ ベートーヴェン 伝記 バッハ ショパン アメリカ 楽譜つき ヴィンテージ ポケットスコア フランス ヴィンテージ/アンティーク 教材 雑誌 シューマン ピアノ 指揮者 ギター 曲解説 エチュードミュージックマガジン ブラームス