日本人の音楽教育

n00037
n00037 n00037 n00037 n00037 n00037 n00037 n00037

日本人の音楽教育

(n00037)

われわれの対話は、たんに狭い意味でのピアノ教育、音楽教育に終始せず、日本の聴衆について、コンクールについて、さらには日本人のメンタリティーと文化一般についてまで広がっていった。しかし、これはあくまでも日本人が西洋音楽、とりわけピアノ教育に立ち向かうさい、けっして忘れてはならないもっと大切なポイント、すなわちいわば「哲学」を論じたものであり、その本質は今後もいささかも旧くならないと確信している。  著者 <表紙より>

−目次−

序章 日本の音楽事情

第一章 「音楽する」ということ

第二章 子供とピアノ教育
音楽にかかわる初心  絶対音感について  ピアノを始める年齢  テクニックについて  ヨーロッパ文化の理解の重要性  初心者のテキストについて  練習する子供にとってもっとも大切なことは?

第三章 音楽教育メソッドについて
鈴木メソッドについて  コダーイ・メソッドについて  「音楽的テクニック」の意味

第四章 音楽を聴く能力について
日本の聴衆について  音楽的に大切な側面を聴く能力の欠如  演奏会の意義はどこに?

第五章 音楽コンクールについて
芸術家の人工的な製造  コンクールの年齢制限

第六章 これでいいのか日本の音楽大学
学内試験  学生について  カリキュラムに大改革を  入学試験について  教師の質について  理想的なアカデミアを求めて

結びにかえて

あとがき

在庫状態 : 在庫有り
¥900(税込)
※送料無料です。
数量

タグ: ,

この商品について問い合わせる

演奏家 教材 ヴィンテージ/アンティーク ビル・エヴァンス オーケストラ オペラ アメリカ 全音ピアノピース ドイツ ショパン ヴィンテージ チャイコフスキー スコア ベートーヴェン シューベルト 楽譜 作曲家 ブラームス 楽器 音楽史 レコード ワーグナー ヴァイオリン エチュードミュージックマガジン モーツァルト 指揮者 人物 輸入楽譜 音楽講座 シューマン 日本 雑誌 エッセイ スメーヌ・ド・シュゼット 曲解説 ジャズ アンティーク ギター ポップス バッハ クラシック ボーカル フランス 声楽 ピアノ 伝記 楽譜つき ベートーベン ポケットスコア 音楽